コアラ Internet blog

TBをただいま受け付けていません。
このサイトで紹介している商品は、AF、DSによるメーカー直送品です。
より良い商品をより安く紹介していきます。
デンマーク空軍、爆音死のサンタのトナカイを補償?
今日は、立冬ですが結構暖かな日で黄砂も観測されました。

東京ディズニーリゾート」では、「クリスマス・ファンタジー」が始まりました。

ユニバーサル・スタジオ」でも、日本一の高さのツリーが飾られて「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」が始まっています。

もうすでに、あちこちでクリスマス商戦が始まっています。

と言うことでクリスマスネタで、「トナカイ編」です。

ちなみに、「サンタクロース編」、「クリスマス編」、「サンタ追跡サイト編もどうぞ。

ちょっと古いネタですが、今年9月30日の「海外ボツ!NEWS」のニュースです。

農場を経営しているオラヴィ・ニッカノフさんが飼っているトナカイが、デンマーク空軍のF-16戦闘機2機が超低空飛行により、爆音による心臓発作で死亡してしまた。

オラヴィ・ニッカノフさんはプロのサンタクロースとして認定を受けていて、イベントなどに参加しているが、飼っていたトナカイは残り1頭になりイベントに参加できなくなり、デンマーク空軍にクレームを言ったところ、死んだトナカイがF16戦闘機の爆音であることを認めて、日本円で56万円の賠償金の支払いを決めたと発表した。

賠償金の支払い発表で、空軍は、「子供たちがサンタクロースからプレゼントをもらい続けることが 出来てうれしい」との声明を発表。

ニッカノフさんも空軍の行動に満足を表明し、今年のクリスマス前に新たなトナカイを購入すると喜んでいます。


デンマーク空軍は、誠実ですね。

沖縄の辺野古基地問題で、人魚伝説のジュゴンが危機ですが、人魚姫の故郷デンマーク軍なら、誠実に解決してくれるかも。

でも、「アメリカ軍」も毎年サンタクロース追跡作戦を「NORAD」が軍事衛星やミサイル早期警戒網のレーダーを駆使して、サンタクロース追跡プログラムをサンタクロースの現在位置を把握して発表している。


そうそう、サンタクロースのソリを引くトナカイは8頭おり、それぞれ名前があるそうです。

米国の詩人クレメント・C・ムーア (Clement C. Moore)の詩
「クリスマスのまえのばん」(The Night Before Christmas)に出てきます。

ダッシャー(Dasher)
ダンサー(Dancer)
プランサー(Prancer)
ヴィクセン(Vixen)
ドンダー(Donder)
ブリッツェン(Blitzen)
キューピッド(Cupid)
コメット(Comet)

またさらに、「赤鼻のトナカイ」の歌に出てくる、ルドルフと言う名のトナカイが、彼らの先導役とされています。


トナカイ ネタでもう一つ、「空飛ぶトナカイの写真」の存在、これは、たしかフジテレビの番組でやっていましたが。

世界の七不思議写真(トリック写真)の一つとか。

有名なのが、「映画 フェアリーテイル」にもなった、「コティングリー妖精写真」ですが、これはトリックであると認めていますが。
5枚のうち最後の1枚だけは、コダック本社でも不明だとか。


どうなのでしょう、ほんの少し夢を与えるのに、あまり解明しない方が良いのかもしれません。

ほんの少し夢のある話で、良い夢を見てください。


auther : koara | 話題・季節ネタ | - | trackbacks(6) |