コアラ Internet blog

TBをただいま受け付けていません。
このサイトで紹介している商品は、AF、DSによるメーカー直送品です。
より良い商品をより安く紹介していきます。
終戦記念日
盆休みも今日で終わりです。

盆休み前から、ネットにアクセスしていなかったので久しぶりです。

ネットから離れていて、久しぶりにすると新鮮な感じでできて、たまにはいいかもしれませんね。

ところで、今日は終戦記念日ということで、これから上映される映画を載せてみます。

紙屋悦子の青春」9/2〜
特攻隊を女性の側から見た感じみたいです。

出口のない海」9/16〜
人間魚雷「回天」(海の特攻隊)を画いた青春群像

[「父親たちの星条旗」10/28〜「硫黄島からの手紙」12/9〜]
ロバート・キャパの硫黄島に掲げる星条旗の写真で有名な、硫黄島の戦いを、クリート・イーストウッド監督が日本側からと、アメリカ側から描く大作。
まして、「硫黄島からの手紙」の公開が、太平洋戦争開戦の次の日とは、かなり思いきっています。

俺は、君のためにこそ死ににいく」2007年初夏公開
石原慎太郎東京都知事が監督をする、特攻基地を舞台に、“特攻の母”として知られる鳥濱トメさんの視点から、若き特攻隊員たちの青春群像を描いた作品

小泉首相の靖国参拝問題や、イスラエルとレバノンの停戦後3時間あまりで、また小競り合いを起こしていたりと、世界情勢はめまぐるしく動いていますが、今月8月は鎮魂の月で戦争や歴史について少し考えるいい機会の月かもしれません。
auther : koara | 映画・TV | comments(1) | trackbacks(0) |