コアラ Internet blog

TBをただいま受け付けていません。
このサイトで紹介している商品は、AF、DSによるメーカー直送品です。
より良い商品をより安く紹介していきます。
<< 英語のコメント | main | 節分(壬生狂言) >>

いただきます
ちょっと古い話題ですが、昨年秋に、「関東のローカルラジオ番組(永六輔その新世界)で話題になった話ですが、ある母親の手紙がキッカケで、賛否両論の話題になったそうです。

その内容が、 《ある小学校で母親が申し入れをしました。「給食の時間に、うちの子には『いただきます』と言わせないでほしい。給食費をちゃんと払っているんだから、言わなくていいではないか」と》言う内容らしいです。

番組に数十通の手紙が来たそうです。

これを取り上げたニュースがありました。
MSN毎日インタラクテブ家庭ニュース
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/
20060121ddm013100126000c.html


永六輔さんがこんなことを言っています。

「お金を払っているから、いただきますと言わせないで」というのは、最近の話です。命でなく、お金に手を合わせちゃう。会社を売り買いするIT企業や投資ファンドにも共通点があると思います。話の発端になった母親は「いただきます」を言うかどうかを、物事を売る、買うという観点で決めているのでしょうね。売り買いはビジネスですから、そこに「ありがとう」という言葉は入ってきません。「ありがとう」に準ずる「いただきます」も入ってこない。ただ、そういう母親がいることも、認めないといけないと思います。

<中略>

 貧しい国には飢えて死んでいる人がいる。日本で残して捨てているご飯があれば、助かる子供たちがいっぱいいるわけでしょう。食べ物を大事にできているかどうか。言わないのが「ひどい」と反対することではない、と思います。

<上記サイト抜粋>


「いただきます」は、野菜や動物たちの命をいただかせて貰っています。
それに、生産者や料理を作ってくれた人に対してや、自然の恵みなどの感謝の気持ちの表れの言葉だと思うのですが、私も言ったり、言わなかったりです。

ただ、お金を払っているから、言わなくてもいいではないかと言うのは、どうなのでしょうか?

外食をしたときは、必ず「ありがとう」の意味で、「どうも」とは言います。

まずは、言う言わないよりも、残さず食べるのが一番だと思います。


毎日新聞が、この「いただきます」に関しての意見を募集しています。

 ライフスタイルの変化で、家族がいても一人で食事をしたり、外食や市販弁当を食べる機会も増えています。その時「いただきます」と言っていますか。あなたやあなたの周囲の「いただきます」は変わりましたか。その理由は何でしょう。ラジオで紹介された申し入れへの是非でなく、皆さんの「いただきます考」をお寄せ下さい。後日、紙面で紹介します。


毎日新聞<抜粋>

郵便は〒100−8051(住所不要)毎日新聞生活家庭部「いただきます」係。メールは表題を「いただきます」とし、t.seikatsu@mbx.mainichi.co.jpへ。採用分には図書カードが貰えるそうです

auther : koara | ロハス・エコ・ボランティア | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://koara.blog.bai.ne.jp/trackback/35598
トラックバック