コアラ Internet blog

TBをただいま受け付けていません。
このサイトで紹介している商品は、AF、DSによるメーカー直送品です。
より良い商品をより安く紹介していきます。
<< ディズニー・パーツ | main | 日本ブログ協会って? >>

Vistaファミリー
Microsoftは2月26日、次期OSのWindows Vistaファミリーの製品ラインアップを正式発表しました。

Vistaファミリーは6製品がラインアップする。

まず、企業ユーザー向けにはWindows Vista BusinessとWindows Vista Enterpriseが、用意されている。

Windows Vista Businessは、専任ITサポートへの依存性を減らした製品で、PCをよりスムーズに動かすことができるらしい。
半透明ガラスのような外観を持った新ユーザーインタフェースのWindows Aeroが導入され、ナビゲーションの機能としてFlip 3Dが用意されているとか。
デスクトップ検索は強化され、タブレットPC技術の文字認識機能は組み込まれている。

Windows Vista Enterpriseは、大規模企業ユーザー向けでWindows Vista Businessの機能に加え、ハードウェア暗号化によるデータ保護技術や、同社が持つ仮想化技術が内蔵ツール化され、Windows Vista Enterpriseの上で過去のWindowsバージョンが動作可能になった。
UNIXベースのアプリケーションを動作させるためのサブシステムも用意される。


ホームユーザー向けにはWindows Vista Home BasicとWindows Vista Home Premiumが用意される。

Windows Vista Home Basicは、インターネットのブラウズや電子メール、基本的な文書作成といったニーズに向けられた製品で、Search Explorer、Sidebar、ペアレンタルコントロールといった機能が付くそうです。

Windows Vista Home Premiumは、Windows Media Center機能、Xbox 360との接続機能、タブレットPC機能、DVDライティング機能が追加されているとか。


Windows Vista Ultimateも用意される。

Windows Vista UltimateはWindows Vistaの全エディションが持っている機能をすべて含む製品で、エンターテインメント、モバイル、ビジネス機能がすべて含まれる、究極のバージョンです。


Windows Vista Starterも提供される。

Windows Vista Starterは、新興市場向けで簡略版として、海賊版防止策として投入するらしいです。


Vista Starter以外の全バージョンが32ビットおよび64ビットのシステムに対応でパッケージおよびPCへの組み込みの形で2006年下半期に提供されるそうです。


Microsoftは、Vista以外にも、コードネーム「Origami」と言うプロジェクトで、iPodに対抗する携帯音楽プレーヤーを開発しているそうです。

どうも、音楽プレーヤーではなく、もっと広範なデバイスになるらしく、ペン入力方式のMicrosoftのTablet PCの形になるらしいです。

Tablet PCは企業ユーザー向けで、あまり多くは売れていないので、てこ入れをするみたいです。


それに、IP電話のSkypeに対抗する商品も開発中で、すでにSkypeに似た技術を持った企業を買収済みとかで、メッセンジャーが強固になり、メッセンジャーから電話に掛けたり、電話からメッセンジャーにかけられるようになるのかも。

すでに、アメリカでは電話機にSkype内蔵型や、携帯にSkypeと電話の使い分けが出来る機種が開発済みとか。

通信も変わってきて、より通話料が安くなり無料で話せる日が来るかもしれませんね。

Microsoftもいろいろと頑張っているみたいで、期待したいです。

auther : koara | PC・ソフト・インターネット | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://koara.blog.bai.ne.jp/trackback/40616
トラックバック