コアラ Internet blog

TBをただいま受け付けていません。
このサイトで紹介している商品は、AF、DSによるメーカー直送品です。
より良い商品をより安く紹介していきます。
<< 世界人口時計 | main | 暴露型ウイルス >>

バンダイがキッズ携帯販売
今、PHSのウィルコムが元気ですね、あのおもちゃメーカーのバンダイが、ウィルコムのPHSモジュール「W-SIM」を利用した子供向け端末「キッズケータイ papipo!(ぱぴぽ)」を6月に発売するそうです。

この「キッズケータイ papipo!」は、子供向けに仕上げられたWILLCOM SIM STYLE対応端末で、メインターゲットは7〜12歳の小学生で、女子児童向けのデザインになっている。

第1弾として登場するのは「ぱぴぽブルー」、「たまごっちバージョン」、「ちゃおバージョン」の3種類で、各モデルごとにキャラクターのデザインがあり、ディスプレイ側ボディの背面は、透明なプラスティックカバーで覆われた「着せ替えジャケット」となっており、イラストなどを挟み込むことでカスタマイズできる。

ところで、ウィルコムで採用されている絵文字に加えて、papipo!専用の絵文字(プチ文字)も出来る、ひらがな50音にあわせて、1文字1文字に独特の絵文字が割り当てられているのが特徴。

そして、ゲームもまた、数字を使ったゲーム「IQナンバー」、漢字を学べる「IQ漢検」、カメラを活用するゲーム「つなげてカラーピクチャー」、占いゲーム「フォーチュンロット占い」と4種類のゲームがプリセットされている。

そのほかに、、「papipo!」からのみアクセスできる専用サイト「こちらBスタジオ!」経由で、Javaアプリをダウンロードすることもできる。
なお、JavaはMIDP 2.0に近い仕様とのことだが、アプリ経由でWebサイトへアクセスできるようにするAPIなどが含まれていない独自仕様となっている。

ただ、Webブラウジングは、専用サイト「こちらBスタジオ!」のみに限定されており、URLを直接入力してアクセス、といった機能は用意されていない。またURL入りのメールが届いた場合も、URLそのものは閲覧できるが、そのURLからサイトへアクセスすることはできない。
たぶん、ワンクリック詐欺などの不正アクセス防止のためでしょう。

「こちらBスタジオ!」は、待受画面などのキャラクターのデザインを一括変更できるコンテンツや、着信メロディなどがポイント制で提供される。papipo!の契約時にメールを利用できる月額525円のオプションプラン「キッズスタジオ」をあわせて契約することで、ユーザーには毎月300ポイントが付与される。

ちゃんと、親など保護者にとっても安心できる機能としては、電話やメールのやり取りが事前登録されている人にのみ限定できる「安心モード」が用意されている。
ただ、デフォルトではオフになっている機能だが、親のみがパスワードを知っておくことで、子供が見知らぬ人とのメールや通話をやり取りしないよう制限できる。

そのほかにも安心機能として、PHS基地局との通信を活用した位置情報サービスとしては、papipo!からのメールに位置情報が自動的に添付される「安心ココダヨ!メール」や保護者からパスワードを件名にしたメールを送信すると、自動的にpapipo!の位置を返信してくれる「安心ドコカナ!メール」などがある。

そして、電源がオフになると、あらかじめ登録しておいたメールアドレスに位置情報付メールが届けられる「安心電源オフ!メール」やバッテリー残量がわずかになった場合に、位置情報付メールが送られる「安心バッテリーチェック!メール」が用意されている。

このほか、緊急時に指定の電話番号へワンタッチで電話をかけられる「緊急ボタン」が配されている。

これらの“安心メール機能”は、「キッズスタジオ」を契約すれば利用できるそうで、なお、メールアドレスはバンダイが提供しているので「 @bandai.jp 」というドメインになるという。

携帯の概要
サイズは52×101×29.8mmで、重さは約100g。

1.5インチ、128×128ドットのカラー液晶を搭載し、30万画素のカメラも装備している。

連続待受時間は約300時間、連続通話時間は約180分。

バッテリーは、300mAのリチウムイオン充電池

内蔵メモリは7MBで、外部メモリカードは利用できない。

赤外線通信ポートも備わっているが、やり取りできるのはpapipo!同士のみで、他の携帯電話とは通信できない。

価格は、オープンプライスだが、Webサイトでは14,800円で販売されるとのことで、店頭価格も15,000円前後になる見込みだそうです。

料金プランは、ウィルコム端末同士では定額での音声通話が利用できる月額2,900円の「ウィルコム定額プラン」のほか、通話先を3カ所に限定する月額1,029円の「通話相手先限定サービス」が推奨されている。

パケット通信料は、「定額プラン」が1パケット0.01円、「通話相手先限定サービス」が1パケット0.105円。
他の料金プランを選択することも可能で、その場合のパケット通信料は各プランの設定によって異なる。また、メール機能を使う場合は、月額525円の「キッズスタジオ」を契約する形になる。

そして販売予約は、3月18日から専用Webサイトで予約受付が開始。

インターネットの通信販売のほか、全国のトイザらス、ウィルコムの販売代理店で取り扱われる予定だそうです。

関連サイト
ウイルコム ニュースリリース

ストアオープン125x125

auther : koara | PC・ソフト・インターネット | - | trackbacks(1) |
この記事のトラックバックURL
http://koara.blog.bai.ne.jp/trackback/42904
トラックバック
小学生を狙うケータイ市場
年寄りの次は小学生。 ケータイ市場が完全に飽和する中、ケータイ各社は新たな市場の掘り起こしに躍起だが、最後の市場でもある小学生用のケータイを各社が発売し始めた。 これまで小学生にはケータイは贅沢品、と学校でも禁止する傾向があった。小学生市場が“解
| かきなぐりプレス | 2006/03/18 7:19 PM |