コアラ Internet blog

TBをただいま受け付けていません。
このサイトで紹介している商品は、AF、DSによるメーカー直送品です。
より良い商品をより安く紹介していきます。
<< バンダイがキッズ携帯販売 | main | 脳を鍛える計算ドリル搭載電卓 >>

暴露型ウイルス
今話題のWinny(ウィニー)ですが、Winny自体はとても便利なソフトですが、それに感染するウイルスが悪さをしているのです。

いろいろ機密情報が漏洩して問題になっていますが、Winnyのウイルスの場合は、Winnyのネットワーク以外への感染がないのでまだましかもしれません。

怖いのは、「山田オルタナティブ」と言うウイルスです。

2月頃に2Chで、話題になっていた「山田ウイルス」の進化系です。

これに、感染するとPCは、WebサーバーとしてPCのHDDに保存されたすべてのデータがインターネット上に公開する。
また、ほかの感染PCのリンク集も自動生成して公開するという。

Winnyの「Antinny」と言うウイルスと違い、Winnyだけでなく、メールの添付ファイルやWebサイトからのダウンロードで感染する可能性があること。
従って、Winnyユーザーでなくとも信頼できないファイルはダウンロードを控えたり、開かないことが感染を防ぐことになる。

初期の山田ウイルスは、フォルダがPC内に作成される。
フォルダ内のランダムなフォルダにファイルを設置しレジストリを改ざんすることで、Windowsの起動とともにウイルスが活動するようになるそうです。

トレンドマイクロでは、山田オルタナティブをトロイの木馬型ウイルスTROJ_AGENT.AZW(危険度“低”)として対応している。

シマンテックでもBackdoor.nodelmとして対応しているという。

一部ではすでに亜種が発生しているとの情報もあるり、ウイルス対策ソフトのインストールはセキュリティ対策の大前提だが、速いペースで亜種が登場した場合、ウイルス対策ソフトがそのペースに追いつけない恐れもある。

ウイルス対策ソフトを過信せず、信頼できないファイルのダウンロードや起動は行なわないようにし、怪しいサイトには近づかないなどの対策が必要です。

関連サイト
IPA Winny対策情報

ファイル交換ソフト Winny 起動阻止ツール ウィニーストッパー Ver.1

シマンテック Winny対策

シマンテック オンラインウイルスチェック

トレンドマイクロ Winny対策

ウイルスバスターオンラインスキャン

トレンドマイクロ 山田ウイルス情報

トレンドマイクロ 山田オルタナティブ情報

IRI子会社 情報漏えい対策ソフトニュース

情報漏洩・不正利用監視ソフト ALL Watcher ASP

ぷらら、自社バックボーンから「Winny」の通信を完全規制ニュース


アニメーション300*75

シマンテックビジネスパック120*60

ウイルスセキュリティ(224×45)

セキュリティ対策

auther : koara | 防犯・防災・セキュリティー | - | trackbacks(2) |
この記事のトラックバックURL
http://koara.blog.bai.ne.jp/trackback/43171
トラックバック
Winny(ウィニー)を入れたPCが悪者なのか?〜[女教皇]
Winny(ウィニー)による機密情報漏洩事件は次から次へと発生しています。以前の投稿「道具を悪者にするのは本質ではない」でも取り上げましたが、何が原因かは本質的につかむ必要があります。それこそが対策の第一歩なのです。ところで一連の事件を伝える記事
| タロットセラピーで成長しました | 2006/03/20 4:59 PM |
Winny node
Winnyユーザーでなくとも信頼できないファイルはダウンロードを控えたり、 ...nodelm」として対応しているという。 一部ではすでに亜種が発生しているとの情報もあるり、ウイルス対策ソフトのインストールはセキュリティ対策の大前提だが、速いペースで亜種が登場した場
| 人気Blogランキング[今週18位] | 2006/04/16 3:04 AM |