コアラ Internet blog

TBをただいま受け付けていません。
このサイトで紹介している商品は、AF、DSによるメーカー直送品です。
より良い商品をより安く紹介していきます。
<< ブログ詐欺? | main | オリガミプロジェクトの製品版登場 >>

TVの進化
昨日から、ワンセグの本放送が開始されました。

地上デジタル放送開始に次いでの、第二弾ですね。

携帯などのモバイル機器での受信機により見れるので、いつでもどこでもデジタル放送が見れるわけです。

それに、NHKの受信料を払う必要がないのも良いです。

受信料は世帯契約なので、1世帯に何台テレビを持っていても関係ないですけど。

ところで、次に来る第三弾は、サーバー型放送です。

来年にも導入する予定の放送で、放送、通信、電機メーカーなど約90社が参加するプロジェクトで、関連規格を統一、専用受信機の開発など本格準備に入たそうで、それに伴いNHKの受信料徴収を改定するとか。

サーバー型放送は、NHKや民間放送のテレビ番組やインターネットでサービスされる番組の各種情報を、視聴者の好みに応じて受信機に蓄積し、視聴者が好きなときに、好きな番組や場面・情報だけを視聴することが出来る仕組みです。

これが実現すれば、まさに放送と通信の融合の見本になるかもしれなく、テレビを見るライフスタイルが激変するかもしれません。

2011年のデジタル放送の本格的な始動に向けて、まだまだいろいろな試みが出てきそうです。

関連サイト
サーバー型放送 解説サイト

日経ニュース

テレビが消える日



auther : koara | 映画・TV | - | trackbacks(4) |
この記事のトラックバックURL
http://koara.blog.bai.ne.jp/trackback/44975
トラックバック
ワンセグ実感その(8) ワンセグ究極のキーワードは、「ヒ・マ・つ・ぶ・し」
ワンセグ究極のキーワードとは何か...ワンセグ実感その(8)です。 これまで、ワンセグと最もいい影響が出そうなキーワードとして、「スポーツコンテンツ」「サッカー日本代表」「非常時放送」 「テレビ教育講座番組」etc..を上げてきました。 最近実感するのは「スポ
| 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 | 2006/04/02 9:35 AM |
シリーズ「通信と放送の融合」について考える:サーバー型放送って何だろう?
内閣府規制改革会議が「メーカーと放送事業者だけで密室で規格を作たものはダメ」という理由で、せっかく規格が決まっているのに、その公開にストップがかかっているサーバー型放送だが、先日の朝日新聞にデモ機の写真が紹介されていた。規格公開に向けて地固めが始まっ
| 山崎潤一郎のネットで流行るものII | 2006/04/04 7:42 PM |
地上デジタルテレビアンテナ工事情報ネットナビ
地上デジタルテレビアンテナ設置工事の情報のことならお任せください
| 地上デジタルテレビアンテナ工事情報ネットナビ | 2008/11/24 6:22 PM |
地上デジタルテレビアンテナ工事情報ネットナビ
地上デジタルテレビアンテナ設置工事の情報のことならお任せください
| 地上デジタルテレビアンテナ工事情報ネットナビ | 2008/12/06 3:51 PM |