コアラ Internet blog

TBをただいま受け付けていません。
このサイトで紹介している商品は、AF、DSによるメーカー直送品です。
より良い商品をより安く紹介していきます。
スパム対策効果
スパム対策が効果てきめんです。

英字数字のみのコメント拒否が効いていて、英語のコメントが無くなりました。

トラックバックもキーワード拒否が出来るのでかなり減りました。

これで、今まで通りに更新できるので、コメントの受付を本日から受け付けるようにしました。

ただ過去の記事については設定を変えるのが時間がかかるので今まで通り拒否状態にしておきます。

暇な時を見て設定を変えていきます。

削除作業が無くなって快適で、良かったです。
auther : koara | 防犯・防災・セキュリティー | comments(3) | - |
4連休
昨日から4連休状態になってしまいました。

と言うのも、父の入院で昨日は入院手続きなどで会社を休んで、土日は休みなので、これで3連休ですが、月曜日は手術と言うことで、家族が病状などの説明を受けるので、休むことにしました。

4連休と言っても、遊びでの休みなら大喜びなんですけど、家族の入院となると大変です。

それにしても、健康診断は大事ですね。
健康診断で見つかったので、早期発見が出来たので良かったです。

皆さんや家族も、健康診断はした方が良いですよ。

健康には気をつけてください。
auther : koara | 日記 | - | - |
日本語入力
W-ZERO3の日本語入力ソフトは、WindowsのIMEですが、普段PCの日本語入力は、ジャストシステムのATOKを利用しています。

このIMEは、使い勝手が悪すぎます。

最近では、携帯電話の日本語システムにATOKなどが使用されてきていますが、W-ZERO3に対応していないのが難点です。

ジャストシステムも対応版を出してくれると良いのですけど。

モバイル機器のWindowsが、普及しないとなかなか無理なのでしょうね。

日本では、まだまだモバイル機器の普及は無理みたいですね、ネットも屋外で、どこでも繋がるホットスポットのような無線LANのインフラもまだまだで遅れている感じですし。

早く普及するように頑張ってください。
auther : koara | PC・ソフト・インターネット | - | - |
スパム対策あれこれ?
B-Blogも24日から、スパム対策に乗り出しました。

ところで、他のブログも英語のスパムなどに手を焼いているようです。

その一つが、サイバーエージェントのブログサービス「アメーバブログ」は、英文字コメントのフィルターを導入する予定で、これは、現状のコメントスパムの大部分が海外からのスパムであることから、英文のみのコメントにフィルタを講じ、コメントスパムを運営側でブロックするもの。

ただし機能実装に関しては、「英文」=「海外スパム」という判断が本当に正しいのかどうか? という意見も多い。
ケースとして、英語圏の友人からのコメントも拒否されてしまうケースがあったという。
さらに、皮肉なことにトラックバックスパム対策報告自体にも、いわゆるアダルト系のトラックバックスパムが届いており、この対策を先すべきではないかという意見も出ている。

そして、シーサーのブログサービス「Seesaaブログ」は4月14日、コメントスパム・トラックバックスパム対策として新機能を追加した。
これは、実装されたのは半角英数の文字列のみで構成されたコメント・トラックバックを一括設定で遮断する機能で、リリース時点から標準で遮断するようになっているため、受け付ける場合には設定を変更する必要がある。

ユニークな機能としては、コメント書き込み時の「名前」「メールアドレス」「ホームページアドレス」「本文」の各項目に対してユーザーが任意で未入力フォームを指定して投稿を拒否可能な設定が用意されている。

トラックバックのスパム対策をしているところもあり、ブログサービス「マイぷれす」は4月16日、増加傾向のトラックバックスパムに対策を講じたとか。

なんでも、一定期間内に同じURLから一定数以上のトラックバックがマイぷれす全体へ送信された場合、スパムと見なして受付を拒否するというもの。

今回の対策では、例えば24時間以内に5回以上同じURLからトラックバックが来た場合、6回目以降は拒否するといった制御になる。このため、トラックバックがスパムであった場合、5回(5人)までは被害を受けてしまうが、6回(6人)目以降については被害を未然に防ぐことができるとか。

また他にも、メールのスパム対策に、KDDIやウィルコムなども対策に乗り出したみたいです。

KDDIでは「Outbound Port25 Blocking」の対象コースを、従来のブロードバンドコースに加え、モバイル接続コースにも拡大する。また、インターネット接続サービス「au.NET」にも導入するそうです。

ウィルコムでは、、「Outbound Port25 Blocking」により、インターネット接続サービス「PRIN」から、同社のメールサーバーを通らずに直接、主要携帯電話事業者(NTTDoCoMo、au、TUKAグループ、ボーダフォン)のメールサーバーへ、SMTP(25番ポート)を使ったメール送信が禁止される。

ただ、各社携帯電話では迷惑メール対策を講じていますが、その弊害として、緊急メッセージや災害メッセージが迷惑メールとして扱われてしまい、情報がちゃんと伝わらないケースが出てきているとか。

各社携帯電話では、必ずメッセージが届くモノではないという風に言っているとか。
分からなくはないですけど、開き直りともとれる態度はどうなのでしょうか?

問題はスパムを送るのが悪いのです。

このスパム問題は、まだまだ解決策はないみたいですね。
auther : koara | PC・ソフト・インターネット | - | - |
W-ZERO3購入
なんと、週末にウイルコムのPHSを購入しました。

念願のスマートフォンW-ZERO3です。

いろいろ、いじっていてブログをお休みしていました。

まだ電話とメールぐらいしか利用していませんけど、これからカスタマイズしていこうと思います。

それにしても、フルキーボード搭載なので、メールを打つのが便利です。

モニターも3.7インチなので見やすいし、Windows Mobile5.0日本語版なので、PCと同じ感覚で扱いやすいです。

IEもフルブラウザーなので、PCと同じように見れて操作ができるので使えますが、自分のブログを見ようとして、重すぎてフリーズになってしまいました。

早速リセットの仕方の勉強になりました。

さすがに、メモリー容量が少ないので、ちょっと難点かもしれませんけど、Mixiの方の投稿は上手くいきました。

そのうちブログの投稿にも挑戦です。

ただネットをすると、バッテリーの消費が早いのが欠点ですね。
外付けバッテリーを使えば問題ないと思います。
ノートPCを持ち歩くことを思えば、まだコンパクトな方かもしれません。

けっこうこれから、遊べそうです。


ところで、少し管理画面を見ていなかったら、スパムコメントが来てる来てる。
B-Blogが24日にスパム対策機能を追加することになって、これから少しはましになるかも。


auther : koara | PC・ソフト・インターネット | - | - |
Skypeがメディアに取り上げられる
Skypeと言えば、パソコンやPDAから、P2Pにより電話が出来るというソフトですが。

最近、TVなどで取り上げられている機会が多いみたいです。

例えば、NHKの英会話番組英語でしゃべらナイトの番組中に Skype が使われていたり。

今後も時々、番組で使われるそうです。

それに、4月17日のNHK ニュースウォッチ9で、Skypeが紹介される予定だとか。

まあNHKさんなので、Skype と明言されないと思いますけど。

なんだかNHKの宣伝みたいになりましたね。

だいたい、未だに不祥事が出てくるのは改善されていないからではと思います。

それにもまして、受信料を払わないと罰則する法律案が出ていますが、論点のすり替えです。

どうも、NHKや自衛隊など、中途半端な立ち位置にあるので、いっそのこと、完全国営化にすべきです。

とりあえず、真面目に受信料を払っています。

Skypeの話題に戻ると、Skype Inが出来るようになって便利になりました。

スマートフォンと組み合わせれば、国際電話がお得かもと思います。

関連サイト
Skype

NHK

日本初のスマートフォン ボーダフォン702NK

ドコモのスマートフォン FOMA M1000

本格的なスマートフォン ウイルコムのW-ZERO3


auther : koara | PC・ソフト・インターネット | - | - |
自己流SNSが流行?
今、MixiやキヌガサのようなSNSが流行っていますが、とうとう自分達でSNSが出来るものも登場しました。

その一つが、「サンロフトが始めた、無料でSNSが構築できる、フリーのSNSnanotyです。
今は、アルファ版のテスト期間で、招待を受けた人しかできませんが、6月から一般公開されるそうです。

ちなみに、1個のアカウントで複数のSNSへ参加することが出来、プライベートとビジネスで使い分けることが出来るそうです。

数人から数十人までの情報共有や情報交換が出来るので、サークル仲間や友人と作るのも楽しいかもしれません。

ところで、「サンロフトは、子供向けのサイトも運営しています。
それが会員制サイトイーパークで、今後子供向けブログやSNSを目指しているとか。

上記は無料ですが、そしてもう一つは、「GMOインターネットグループが、有料でしているSNSでグループチューブです。

こちらは、メンバー数に応じてのプランがあり、10人までがPlan-10と言うように、Plan-50、Plan-100が用意されていて、HTMLやCSSを変種してのオリジナルデザインが作れるのが特徴です。

初期費用3,150円、月額1,050円で運営できます。

どうですか、友人やサークル仲間と作ってみてはどうですか?

ところで、私も最近キヌガサに入りましたが、今ひとつ利用の仕方が分かっていません。

Mixiにも入っていて、まだこちらは、慣れてきましたし、わかりやすかったです。

SNSも、いろいろあります。

コミュニケーションの輪を広げてみてください。
auther : koara | PC・ソフト・インターネット | - | - |
バナナホール閉店
関西の老舗のライブハウス「バナナ・ホール」が、本日9日をもって、25年の歴史に幕がおります。

昭和56年にオープンして以来、神戸の「チキンジョージ」などと並ぶ関西の老舗ライブハウスで、数々のミュージシャンを輩出してきた、その神戸の「チキンジョージ」は来春に規模を縮小して再開するものの、今年1月、一時閉店して、大阪でも「ベイサイドジェニー」が先月末で閉館と、関西の音楽発祥の場が無くなっていくのは非常に残念です。

バナナホールも、昨年末、IT企業から建物を建て替え、従来のライブハウスに加え、音楽のネット配信も行う新たな音楽施設にする計画を打ち明けられたが、周囲からは継続を望む声が上がり、存続を求める会も結成。ミュージシャンも参加して、約十日間で12,000人を超える署名が集まった。高木社長は銀行を回って融資を頼み、店を買い取るのに必要な3億円のめどはついたが、改築計画を撤回させることはできず、建物は早ければ今月中にも解体工事が始まるという。

九日の公演は午後七時開演の「曽我部恵一BAND」。当面、バナナホールとしての最後の公演となるが、高木社長は「絶対に閉めたくない」と移転先を探す意向も示しているとか。

古い物が消えて、新しい物が登場するのは仕方のないことですが、なんだか関西の活気が消えている気がして、寂しいです。

関連サイト
バナナ・ホール

チキン・ジョージ


auther : koara | 音楽 | - | trackbacks(5) |
携帯・PHS普及率75,6%
各社の携帯電話・PHS契約数が発表された。

携帯電話各社の合計契約数は、9179万2000件だそうです。

各社別では、平成18年3月の累計では、
NTT DoCoMo  5114万3000件

KDDI   2543万8500件

ボーダフォン 1520万9900件

約9200万人が、日本全国で携帯を利用しているのですね。
日本の人口の半数以上が利用していることになります。

それにしても巨人NTTグループです、堂々の1位です。
KDDIは、auはのびているのですが、ツーカーの減少で契約数が伸び悩んでいます。
ボーダフォンが、これからどのようにのびるか注目のところです。

次にPHSですが、PHS契約数総計が469万1700件だそうです。

各社別では、
WILLCOMグループ    389万1900件

NTT DoCoMoグループ   77万1100件

アステルグループ     2万8700件

なお、アステル東京を運営するYOZANでは、6月末にサービスを終了すると発表している影響で、かなり減少しているようです。
PHSは、ウィルコムの独壇場になっていて、また、2年連続で純増を記録しています。

両方合わせると、約9700万件が利用していることになります。

9700万件の人たちが、今もどこかで話したり、データ送信やインターネットを利用しているのですね。

すごい数字に感心しきりです。

関連サイト
ケータイウォッチ

auther : koara | PC・ソフト・インターネット | - | trackbacks(0) |
最古の虫歯治療?
時事ニュースに出ていた記事で「 最古のドリル虫歯治療?=9000年前のパキスタン−米仏調査 」ですが、記事によると、米仏調査チームがパキスタン西部バルチスタン州にある新石器時代遺跡の墓場で、ドリルで歯に穴を開けた跡が残る人骨9体を発見したとか。

それも、一番古い物は今から9000年前の人骨だとか。

ただ、9000年前のドリルってどんな物でしょうか?

錐のような物なのでしょうかね、当然麻酔もないから、痛かったでしょうね。

それにしても、虫歯の治療跡なんでしょうか、何かの儀式に使われたのではないでしょうかね。

歯の治療だけは、よい医者にかからないと、とんでも無いことになります。
下手な医者にかかって、蓄膿になった経験があります。

くれぐれも、歯だけは大事にしてください。

今も昔も虫歯は大変ですね。


auther : koara | ニュース | - | trackbacks(0) |
Intel MacがWindows PCに変身?
なんと、「アップルコンピュータは、IntelのCPUを搭載したMacでWindows XPを動作させるBoot Camp(ブートキャンプ)のパブリックβを公開したそうです。

次期OSのMac OS X 10.5で、搭載される予定の機能の1つですが、HDD上にWindowsをインストールするためのダイナミックなパーティションを作成し、Windows用に必要なドライバを含むCDを作成し、MacへのWindows XPのインストールが簡単に行えるようになるとか。

さらにMacを立ち上げるときに、Mac OS XまたはWindowsのどちらを利用するかが選択できるよになり、下記画像のようになるそうです。


Macへの乗り換えを考えている、Windowsユーザに対して、Macをより魅力的にする戦略のようですが、簡単に乗り換えて貰えるかどうか疑問ですけど。

Macファンにとっては、Intel MacがWindows PCになるということは、ユーザにとっては、選択肢が増えるため非常に有難いことです。

しかし、Windows PCを提供するメーカにとっては、大きな脅威となり、競争も激化しそうです。

iMac(intel)




auther : koara | PC・ソフト・インターネット | - | trackbacks(7) |
PHSサービス、ウィルコム独占?
YOZANは、アステルブランドで提供してきたPHSサービスを6月30日で終了すると発表。

東京通信ネットワークからPHS事業を買取り、PHSサービスを展開してきたが、2005年11月にPHSの音声サービスを先に終了させていたが、PHSの残りのサービスとなる、ボイススポットフォンについては5月31日にサービスが終了、テレメトリングサービスも6月30日で終了する。

ただし、自治体などで採用されている児童見守りサービスについては、名称を「パーソナルセキュリティシステム」に変更し、ボーダフォン網を使って全国展開される予定だとか。

アステルブランドのPHSサービスは、ユーザー数の減少などによりPHSの音声サービスはウィルコムと事業統合した沖縄を除いて、全国各地でサービスが終了し、関西および中国エリアではデータ通信サービスのみ展開している。

また、NTTドコモのPHSサービスも2007年秋頃を目途に終了する予定だとか。

PHSサービスを全国展開するのは、ウィルコムのみとなる。

その、ウィルコムは ケイ・オプティコムの法人向けIP電話サービスとウィルコムのPHSを組み合わせたソリューションの提供を開始し、社内ではeo光電話オフィスに接続する内線電話として、外出先ではウィルコムの通話とデータ通信のサービスが利用できるようになったそうです。

そして、以前にも書いた「W+BLOG」サービスがW-ZERO3にも対応できるようになったそうです。

また、4月1日より、2xパケット方式が全てのAIR-EDGE対応プロバイダーで利用可能となり、 「つなぎ放題」のデータ通信速度が[1x]から[2x]へと、約2倍の速度にスピードアップし、しかも月額料金はそのままだとか。

それに、大都市圏を中心に、高度化PHS規格「W-OAM」に対応した基地局の設置を順次進めていて、電波の状態に応じ最適な変調方式を自動的に選択することによって、対応エリアではさらに高速・快適な通信が可能となり、W-OAMでMEGA PLUSを利用すると、体感速度が約5倍向上するそうです。

また、次世代PHSとして、20Mdps以上の通信速度の実験もしているとか。

次世代型無線LANの発展型や第4世代の携帯など、通信の世界は目が離せません。

国内唯一のPHS事業者のウィルコムの今後のサービス展開に期待したいです。

関連サイト
ニュースリリース

バナー

ストアオープン125x125

auther : koara | PC・ソフト・インターネット | - | trackbacks(0) |
関西人の音楽配信サイト
ケーブルTVのライバルで、独自の回線網を持つケイ・オプティコムがeoポータルサイトeonet.jpにおいて、インターネットを通じてアーティストとリスナーをつなぐ音楽配信&音楽コミュニティサイトeo Music Tribe(イオ・ミュージック・トライブ)を本日より開始しました。

イオ・ミュージック・トライブは関西圏のアーティストとリスナーをターゲットにした、関西の「音楽種族」なら自由に参加できるというコンセプトのもと、メジャー、インディーズ、アマチュア、プロを問わず、登録曲数30万曲を目標に、アーティストのオリジナル楽曲の登録やライブ情報、アーティストホームページとの相互リンクなど、様々なアーティスト情報を募集し紹介する。

登録料等は一切無料。

楽曲はFlashプレイヤーを使ったストリーミングにより視聴・ダウンロードが可能となるとか。

また、「目指せ!iTunesデビューも有り、本サイトに登録された楽曲のなかから、週に1タイトルのペースでiTMSでの楽曲販売の実現を目指すそうです。

そして、販売楽曲を取り上げるポッドキャスティング番組eo Music Tribe Podcastを制作、本サイトからiTMSにてリリースする楽曲・アーティストのPRを行うとか。

元々ケーブルテレビの会社関西ケーブルサービスと、PHS事業会社アステル関西の買収によって出来た、関西電力グループのケイ・オプティコムは関西に特化した独自の回線網を持っていて、最近人気のプロバイダーですが、その関西に特化した特徴から、関西人のための音楽サイトを立ち上げ、応援して行くみたいです。

最近では、ケーブルTVも始まったので、既存のケーブルTVの驚異になりそうです。

ちなみに、加入者の知人によると、IP電話は音声がクリアで、光は早いと評価は高いみたいです。

ベイコムさんも、サービス体制を充実しないと大変です。

auther : koara | 音楽 | - | trackbacks(14) |
オリガミプロジェクトの製品版登場
先月発表された、オリガミ プロジェクトのウルトラ モバイル PCの製品版が、日本国内PBJから4月中旬に販売されるそうです。

PBJニュースリリース

製品紹介サイト


7インチタッチパネル液晶モニタを搭載して、ズーム機能で800*600〜1024*600ドット表示が可能だそうです。
OSは、WindowsXP TabletPC Edition2005が入っているそうです。

なかなか面白いPCタブレットだと思います。

auther : koara | PC・ソフト・インターネット | - | trackbacks(0) |
TVの進化
昨日から、ワンセグの本放送が開始されました。

地上デジタル放送開始に次いでの、第二弾ですね。

携帯などのモバイル機器での受信機により見れるので、いつでもどこでもデジタル放送が見れるわけです。

それに、NHKの受信料を払う必要がないのも良いです。

受信料は世帯契約なので、1世帯に何台テレビを持っていても関係ないですけど。

ところで、次に来る第三弾は、サーバー型放送です。

来年にも導入する予定の放送で、放送、通信、電機メーカーなど約90社が参加するプロジェクトで、関連規格を統一、専用受信機の開発など本格準備に入たそうで、それに伴いNHKの受信料徴収を改定するとか。

サーバー型放送は、NHKや民間放送のテレビ番組やインターネットでサービスされる番組の各種情報を、視聴者の好みに応じて受信機に蓄積し、視聴者が好きなときに、好きな番組や場面・情報だけを視聴することが出来る仕組みです。

これが実現すれば、まさに放送と通信の融合の見本になるかもしれなく、テレビを見るライフスタイルが激変するかもしれません。

2011年のデジタル放送の本格的な始動に向けて、まだまだいろいろな試みが出てきそうです。

関連サイト
サーバー型放送 解説サイト

日経ニュース

テレビが消える日



auther : koara | 映画・TV | - | trackbacks(4) |
ブログ詐欺?
ブログは、すっかり日本にも定着し誰もが主役になれる真のインターネットのツールがようやく実現しましたが、本場アメリカでは、ブログにも悪意を持った者のワナが仕掛けられている。

アメリカ/ウェブセンスは昨年、ブログが悪意あるプログラムの配布や保管に使われていて、パソコンへの入力を記録して第三者に転送するプログラム「キーロガー」を仕掛けたり、フィッシング詐欺の道具として銀行口座情報を狙った「トロイの木馬」を動作するように、メッセージに「IMの新バージョンがリリースされました」と記されており、そのリンクをクリックすると、問題のブログに転送され、キーロガーをパソコンに仕込まれてしまうような、ブログを数百も確認したとしている。

また、昨年1月には、ブログシステムの草分けとして有名な「Movable Type」に、スパムメールの“踏み台”にされるおそれのある脆弱性がみつかっている。

ブログサービスを利用すれば、おとりメッセージの送信もできるという、サーバー犯罪のワンストップサービスができあがっていて、これらの攻撃には、やはり信用情報などを狙ったフィッシング詐欺が多いという。

ブログをホスティングしているサイト自体は合法的なので、取り締まるのは難しいみたいです。

たいていのブログサービスは無料で、ブログの魅力はなんと言っても、その手軽さにある。

用意されたウィンドウに文章を入力して、いくつかボタンを押すだけで、体裁の整った、人に見せられるページができあがる。

ホームページのようにHTMLだの、FTPだのややこしい言葉は覚えなくてすむ。

ネット初心者がいきなり使えて、熟練者でも表現することだけに集中できるというメリットがある。

それに、ブログには相互に記事を参照し合い、リンクを張ったことを相手に知らせるトラックバック機能があり、この機能を悪用して、サイバー犯罪者は、大量にばらまいてユーザーをおびきよせ、ブログに取り込み、増殖していこうとしている。

ウェブセンスによると、ブログがこうしたサイバー犯罪に悪用されるのには、(1)大容量の無料のストレージが利用できる(2)利用のために身分証明を必要としないサービスが多い(3)多くのブログホスティングサービスは保存する情報をチェックするアンチウイルスの防御を提供していない――などの要因があるという。

アメリカで流行ったことは、必ず日本でもブログを悪用した犯罪は、広がるのは、時間の問題で懸念され。

これから、サービス事業者は、楽しく役立つということに加え、「安全」を保証することを迫られるでしょう。

B-Blogも先を見越して、先手の対策を取っていかないと行けないと思います。

英語のコメントの方は、コメント受付を出来なくしてかなり減りました。
(と言うことは、人為的にコメントを送っているということみたいですね。)

それでも5〜6個が来る分は、プログラムした分を送っていて、週末に多く送るのは日本もしくは日本と時差の少ない韓国や中国・ロシアからの送信と考えられます。

B-Blogさん、早く何とかしてください。

auther : koara | 防犯・防災・セキュリティー | - | trackbacks(0) |
エイプリルフール
今日は、エイプリルフールの日で、今日だけは、ユーモアにあふれた嘘をついても良いことになっています。

このユーモアが大事です、人を不快にさせる嘘は、いかにエイプリルフールでもよくありません。

例えば、「eiga.comのように、マトリックスのキアヌ・リーブスが、「イナバウアーは俺が元祖」のように笑えるのが良いです。
(確かに、キアヌ・リーブスが元祖ですね。)

日本インターネット エイプリル・フール協会(JIAFA)なる物まで出ていて、なんだかネットの世界では盛り上がっているみたいです。

エイプリルフール・サイト リンク集などで楽しんでみてください。


不快にさせるのはよくありません、そうでなくても、ネットの世界では毎日がエイプリルフールみたいなものですから、例えば詐欺は嘘をつく犯罪です。

ワンクリック詐欺やフィッシング詐欺などを聞かない日がないのがこの世界です。

ネットの世界は風説による口コミの世界で、まさに女性の井戸端会議の世界版です。

情報はスピーディーですが、中には信憑性に乏しい情報も飛び交っているので、いかにその情報が正しい物か、偽物かを判断する基準を持たないと行けません。

例えば、昨年流行ったホワイトバンド」や、今話題の「募金パークなどのような問題があります。

くれぐれも不快な嘘には注意しましょう。

auther : koara | 話題・季節ネタ | - | trackbacks(0) |