コアラ Internet blog

TBをただいま受け付けていません。
このサイトで紹介している商品は、AF、DSによるメーカー直送品です。
より良い商品をより安く紹介していきます。
セカンドライフを始めた
今話題のセカンドライフをはじめてしてみました。

3D仮想世界と言うだけあってなかなかのできかと。

ゲームが苦手なのでどうかと思ったのですが、メッセンジャーやSNSとかブログのような第3のコミュニケーションと話題なので挑戦してみました。

日本語版なので、登録は至って簡単でしたし、ソフトのダウンロードもスムーズにいきました。

最初に降り立つオリエンテーション島で、いろいろな操作を覚えるのですが、操作ミスでいきなり海の中に落ちました。

脱出には飛ぶ動作で何とか陸地にたどり着きました。

いきなり飛ぶ動作を最初に覚えてしまいました。

ちなみに、オリエンテーション島を脱出すると、その場所には2度と戻ってこれないので、練習をしてから脱出したほうがいいです。

まず最初に目指すのは、MOVE島の入り口の赤い丸にはいると指示が出ます。

その先の島に渡り、乗り物に乗る練習をします。

乗り物に乗って、ネズミを引く練習です。

それが終われば、同じ島のビルに入り、フライト練習です。

飛ぶ練習です。

それが終われば、あとは自由に次の島へ行きます。

APPEARANCE島は、お城です。

持ち物や装備、アバターの容姿の変更などを覚えます。

持ち物からトーチを選んでアバターに持たせたりします。

衣装を購入できるのですが、貰い損ねました。

たぶんお城の中の看板だったと思います。

COMMUNICATE島は、石像の前でチャットでSayと話します。

チャットで、自分の名前などを発言します。

ジェスチャーでフラダンスをするらしいですが、やり損ねました。

SEARCH島は、5択問題に答えていくのですが、検索などを使うらしいのですがよく分からなかったです。

練習もそこそこでテレポートしました。

戻って練習をしようと思っても、2度と戻れないのを、テレポートして気づいたのです。

とりあえず、シャツのままで、あちこち見学してます。

今、車の日産の島にいて、自動販売機の車を貰うのに、パスワード探しをしています。

コレはまるの分からなくはないですね。

セカンドライフ日本語版の歩き方」を見てからアクセスした方が良いかも。(わかりやすく解説しています)残念見てから行くのでした。

そして、これからダウンロードしてアクセスしてみては「セカンドライフ日本語版

PCの環境は、グラフィックカードが一番の問題になるのかも。

Vistaは問題ないと思います。

OSはXP(SP2)なら問題ないと思います。

一応、富士通のFMV H−50JVですが問題ないみたいですし。

98,Meは、対応していないそうです。

Macは、OS10.3.8以降らしいです。

興味のある方は試してみては。
auther : koara | ゲーム | comments(1) | - |
西宮スイーツの新作が楽しめる
毎年行われている、西宮洋菓子園遊会も今年で8回目で、2007年11月5日午後2時〜4時にノボテル甲子園で開かれます。

今年は31店が新作などを披露するそうです。

150組300人が参加できるとあって、年々応募者が増えて、去年は35倍の倍率だったそうです。(16歳以上でペアのみの参加で、1組3千円の費用がかかります。)

人気店に殺到するので、今年から危険防止策として、個数制限を導入したそうです。

スイーツの新作が食べれるとあって人気で、去年応募しましたが抽選ではずれました。

今年も挑戦してみようっと。

応募方法は、15〜28日までに、参加店に備え付けの応募用紙で申し込むか、官製ハガキに、代表者の郵便番号、住所、名前、TELと同伴者の住所、名前を書いて、西宮商工会議所・西宮洋菓子園遊会係へ(28日消印有効)に出すかです。

新作スイーツを食べたい人は応募してみては。

auther : koara | 食品・お店 | comments(4) | - |
来年のためにメタボ対策を
夏も終わり今日から9月です。

実りの秋で食欲の秋、スイーツな秋でもあります。

マロンやパンプキンなどの新作スイーツが美味しい頃ですが、油断するとメタボになんてことも。

ところで、来年4月から40歳以上の人の健康診断が変わるのを知っていますか?

40歳以上の国民を対象にした、通称メタボ診断「特定健康診査」が始まります。

この健診の特徴は、「保健指導」があることです。

これまでの健康診断は結果を通知するだけで終わりでしたが、来年からは違います。

健診でメタボと診断されると、そのレベルによって1人20分以上の「個別面談」があります。

場所によっては、保健所などへの呼び出しがあるかも。

そして、3ヶ月から6ヶ月の「食事や運動の支援プログラム」などを受けなければなりません。

さらに体や食生活、運動量がどう変わったかなどの成果を、定期的に電話や面談で確認されます。

電話や面談なんてけっこう嫌ですよね。

今のうちからメタボ対策でダイエットしておいた方が良いかもしれませんね。

今はまだこの程度ですが、厚生労働省は、あらゆる病気の起因となる生活習慣病予防を重視すると共に、メタボの社員が多い企業や保健指導によって改善されない社員が多い企業などに対して、保険料の増額などの厳しい処置も検討されているとか。

ゆくゆくは、メタボで給料やボーナスの査定に影響する日が来るかもしれませんね。

今のうちから予防線を張っておいた方が良いかも。

auther : koara | 健康 | comments(2) | - |